木造建物の長所とリフォーム

木造建物の耐用年数は、何年持つかではなく、何年持たせるかが重要な考えです。


木材は、多くの人が考えているより強い材料です。


当初の施工性、使用されている材質も重要なことですが、何よりも使用する側の意識が大きいのです。


そのためには、構造部分のチェックやリフォームが大事になります。

不安定な点を改善し、その上に耐震補強、リフォームを行うことが重要です。

浴室廻りなどは、最も腐朽が起こりやすい場所なので、構造部分のチェックとリフォームが必要な場合が多いです。
建物の耐用年数を延ばすのは、構造部分の健全性を長く保つことにあります。丁寧なチェックやリフォームを施すことで、30年から40年の木造建物の構造部分は、健全性を保つのです。

雨漏りや結露、または浴室付近のように、水分に侵されてきた部分が腐朽している場合があります。

しかし、その場所もおおよそ特定できます。

このような場所を見つけて補強するのが、構造リフォームの目的の一つです。

しかし現在では30年を過ぎて、古いからと壊してしまうことも多いです。

木造建物はまだ長持ちします。

自分の家に愛着を持ち、一度は見えない構造部分のチェックをすることが得策です。


木材は建築材料として適しており、コンクリートや鉄骨などと比較しても強度の遜色がありません。

軽くて加工性も良い材料といえます。

除湿も湿気の発散もしてくれ、健康を考えたときにも、木材は人間にとって適した建築材料です。リフォームを行うときはしっかりと計画を立て、思いつきではなく、目的を明確にすることが大切です。
建物の耐用年数には物理的、社会的、経済的な耐用年数の考え方がありますが、リフォームを行う場合も同じです。
目先のことに目を奪われないことで、初期の目的からずれるのを防ぎ、工事費が高くなることも防いでくれます。

すべてがうまくいく方法はありませんから、短所と長所をよく理解してから進めることが重要です。

木造住宅であっても、30年経ったから新築にするという短絡的な決定をしないことが大切です。
また大規模なリフォームを行うときには劣化対策、耐震補強を必ず計画に取り入れることも大事です。

既存の在来工法の建物には、構造的に問題があるものも中にはあり、リフォームを行うときに建物の構造を壊してしまう可能性もあるので、増築を行うような場合には、建物全体のバランスの検討が必要です。

リフォームを行うときは耐震補強を行う絶好の機会であり、耐震補強を計画的に一部屋ずつ行っていく方法もあります。上手な方法は、家族の十分な話し合い、自分達でできる下調べを行うことが大切です。


知識が増えることで、後で後悔することも少なくなり、業者の賢い選択もできます。

家に愛着を持ち、将来も見据えた計画性が大事になります。


最近では木造の建物でも、地盤調査を行う建築会社はハウスメーカーが増えています。

直接基礎で造る建物の調査には、スウェーデン式サウンディング工法の調査も行われています。

http://girlschannel.net/topics/731412/
http://tsutaya.tsite.jp/artist/PPS00009SUZL
http://smany.jp/951

玄関のリフォームを詳しく調べるなら便利なサイトです。

千葉のフロアコーティングの有益な情報を提供します。

工事黒板の情報をご説明します。

最近何かと話題の横浜でリノベーション情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

このガラスコーティングについての情報を簡単に探すことができます。