実家を丸ごとリフォームをした

実家は2階建ての家でした。

1階は台所と畳の居間、客間と風呂場、トイレがあり、2階は2部屋の子供部屋がありました。家を建てた当初は良いと思っていたデザインで、居間が台所のところから階段一段分上がっていました。


また台所は西日が当たる向きでした。
また子供部屋を使っていた私たちもお嫁に行ってしまったので、2階は全く使わなくなってしまいました。


トイレは和式です。

風呂場も長年使っているので落ちない汚れもついてきました。
それで丸ごとリフォームすることにしました。
リフォームは年寄り二人だけが住むのに適した形に変えました。

まずは家の中にある余分な段差はすべてなくしました。台所の場所を納戸に変え、客間の位置を台所にしました。

2階は必要ないので取り壊しました。

同時に階段もありません。

トイレは様式にリフォームをし、お風呂もきれいに入れ替えました。

この二つは玄関入ってすぐの位置にリフォームと同時にかえました。


客間は無くなってしまったのですが、来客はほとんどないので心配ありません。

全部で2部屋とキッチンです。

納戸にすべて洋服類を収納することができます。
リフォームと同時に耐震強化も施し、小さいタンスなどでも倒れないように補強もしました。
元あった家のリフォームでしたが、全ての工事が終わってみるとまるで新築を建てたようなくらい立派できれいな家が完成しました。

実家は両親二人だけですが、老後の二人だけの生活です。

まだ体が動くうちにきれいにすることができて、あとの老後生活をきれいなところで過ごすことができるようになったということで、娘の立場からでも安心です。

小さい頃過ごした自分の部屋は無くなってしまったことは寂しい気持ちもしますが、思い出はすべて納戸や倉庫に保存してあるので、心配ありません。


時々実家に戻りますがその時は新しい家に来たようです。

お金はいくらかかかりましたがリフォームをすることを賛成して、思い切ってして良かったです。


長年住み慣れた家はどんなに大切に使っていてもあちらこちらに傷みが出てくるものです。


そんな時にはリフォームをする事を考えるます。

傷みが一番早く出てくるのは水回りです。

どうしても湿度が溜まり傷みやすくなります。トイレ、お風呂周り、キッチン周りと一日でも使えなくなると困る所ばかりです。
尚更、リフォームに二の足を踏んでしまう場所でもあります。

ですが、突然使えなくなって困りはててしまう前にリフォームを早めに考える必要があります。
水回りのリフォームは他の部屋よりも高額になります。

商品そのものも勿論高いのですが、給排水管も傷んでいるとなるとさらに費用がかさんできます。
給排水管などの点検は定期的にしておくと良いと思います。

そして、商品そのものですが、例えばトイレのリフォームですと、便器の性能によって随分と価格が変わってきます。

今は色々な商品が出ていますが、タンクがあるノーマルのタイプとタンクレスでは10万円以上の開きがあります。

他の付属品もせっかく直すのだからと高価な物に変えるとなると高額になります。

キッチンもトイレと同様システムキッチンの機能や使われている素材によっては200万円位軽く変わってきてしまいます。

パンフレットを見ているときりがない位に良い製品が沢山あります。

ユニットバスもやはりピンからキリまでありますので、壊れる前に慌てなくてすむように、早い段階でどんな風にしたいのか値段と内容をよく考えておく必要があります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3928294.html
http://girlschannel.net/topics/717008/
http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi%3Fnewsid%3DPT000482A000003065/detail.cgi?newsid=MT11382

ガラスコーティングの通販情報サイトについて考えます。

京都 プレカットをご紹介いたします。

フロアコーティングの情報が必ずあります。

玄関引戸に有効なサイトです。

横浜のリノベーション事例の優良サイトならこちらで見つかります。